災害時に必要不可欠な安否確認ツールを導入しよう

災害時に必要不可欠な安否確認ツールを導入しよう

婦人

突然の災害でパニックにならない方法

大規模な災害にあってしまうと、どうしていいかパニックを起こす可能性もあります。大災害の時に一番重要なことは安否確認です。事前に災害時伝言ダイヤルを確認しておくのもいいかもしれません。突然の災害でパニックにならないように、安否確認方法・避難場所などの確認やコミュニケーション手段の確保をするということが大切になります。

男女

エマージェンシーコールで安否確認

エマージェンシーコールは緊急連絡・安否確認システムで、突然の災害時の時に活用するものになります。連絡手段はメールアドレス・固定電話・携帯電話・FAXなどがあり、登録できる連絡先件数は最大で10件までです。また、緊急の時に連絡がつかないという場合は、最大100回まで安否確認連絡が来るまで繰り返し発信されます。

男性

過去の災害でも多くの人が助けられている

災害というのは突然やってきて、どうしたらいいのかパニックにもなりがちです。そういう状態の時こそ、ご近所が大切になってきます。災害時には一言声をかけるだけでも、多くの人が助けられる可能性はあります。例えば大地震が発生したときでも、自分が助かったのであれば、ご近所の人に声をかけて相互に助け合うようにしましょう。

男性と女性

連絡がつくまで繰り返されるから安心

大災害が発生すると、通信網のトラブルで連絡が取れないということもあります。そんな時にはなかなか連絡が取れないとなると、非常に心配です。緊急連絡時には安否確認ができるまで繰り返し発信してくれるシステムもあります。システムにもよりますが、最大100回まで、応答があるまでなど、繰り返し連絡してくれるので安心です。

被災者の安否が確認されるまでの流れ

ウーマン

災害発生通知をします

災害が発生した場合には、正確な情報を発信することが重要です。災害が発生したときには、まずはメールなどで速やかに発信をします。災害情報の時に求められるのは、総合的な検証・判断です。地震の場合には余震情報を知らせてきます。

安否確認メールを送信します

大災害の時には、安否確認メールを代行で管理者・社員・家族に一斉送信されます。また、安否確認メールを送っても連絡がないという場合もあるかもしれません。そういう時には回数・間隔を設定して、自動的に再送されるので安心です。

安否情報を登録します

安否確認メールが送られてきた場合には、メールに記載されているURLにアクセスをします。メッセージなどを活用することにより異なる可能性はあります。例えば、コメントは100文字まで、無事です・自宅にいますなどです。

安否情報を確認します

安否情報の確認はパソコンからもできますし、スマートフォン・携帯電話からでも可能です。スマートフォンの場合は相手の電話番号を入力をして、安否情報の確認が可能です。パソコンの場合は相手の電話番号を入力して検索、携帯電話からは災害伝言版から確認ができます。

広告募集中