企業の成長の為にグループウェアについて考えよう

世の中には数多くのソフトウェアで溢れている

ソフトウェアといっても多数あり、どれを使っていいか迷うこともあるでしょう。ソフトウエアにはオペレーティングシステム・アプリケーションソフトなどです。また、知っていたら便利というものもあるかもしれません。

グループウェアの中でも特に役立つソフト・ベスト5

no.1

現場目線のデスクネッツ

使う時にインストールをする必要がないので、簡単で便利です。パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでも使うことができます。SNSとも連携をとることができたり、組織内のコミュニケーションを活性化させる機能も搭載されていて、低価格です。

no.2

WaWa Office

ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワードで受賞したこともあるグループウェアです。社内情報共有・コミュニケーションの効率化をアップするということを目的としています。すでに使用しているシステムがある場合には連携が可能で、柔軟性があり、高性能です。

no.3

使いやすいサイボウズ

企業で使っているところも多く、日本企業のビジネス形態に合わせてあるグループウェアになります。使いやすく、運用コストを抑えることができる機能があり、安全面に関しても強化されているので安心です。顧客ごとのサブドメインを発行することもできます。

no.4

ナレッジスイート

GRIDYシリーズ(SFA・名刺CRMなど)が搭載されている、統合型のビジネスアプリです。スケジュール管理と業務フローの効率化を図り、他のGRIDYシリーズアプリと複数連携もできます。専用のアプリをインストールが必要ですが、スマートフォン・タブレットでも使用可能です。

no.5

NIコラボ スマート

経営コンサルタントのノウハウをもとにして作られたものです。目的は経営効率アップになり、社内の動きを可視化できます。パソコンだけでなく、スマートフォン・タブレットでも簡単に操作ができて、言語・タイムゾーンも切り替えをすることができます。

企業の成長の為にグループウェアについて考えよう

オフィス

業務アプリを作れば改善点に気付ける

業務アプリはたくさん種類があり、業界によっても異なることもあります。業務アプリを作っても不具合が発生することもあります。その時は何を改善するかをしっかりと把握して、修正することが大切です。また、通信関係は通信機能を確認後、コードを修正をしましょう。アップデートなどで修正をしていきますが、改善点に気を付けて行うようにしましょう。

ソフトをバージョンアップすれば機能も増える

ソフトウエアの中には、バージョンアップ機能がついていることがあります。最近では、アップデートは自動的に、定期的に行われることも多くなっています。アップデートの目的は、不具合が発生した際の解消や改善、新しい機能の追加などです。アップデートにより機能が追加されることで、使い勝手が良くなることもあります。

無料版ソフトなら気軽にお試しが可能

業務アプリだけでなく、ソフトウエアも数えきれないほどたくさんあります。その中でも、どれがいいのか迷うということもあるかもしれません。買ってしまってから、使えないなど後悔しないように、無料でお試し版があるソフトもあります。無料で使えるお試し版は一定期間の利用になることが多いですが、迷っている時には無料版を使って確かめることができます。

グループウェアで企業の未来が決まる

企業では、情報基盤として欠かせないものでもあります。主な機能はメールやスケジュール管理、ドキュメントの共有などです。情報を共有することで円滑なコミュニケーションが可能になり、社員同士をつなげる大切なツールでもあります。

広告募集中